あたまスッキリ!腹式呼吸法で健康なカラダ

ナチュラル詩吟教室で行っている腹式呼吸のトレーニングをご紹介します。



①息を吐く10秒口をすぼまして「フー」と細く。
②吐き切る5秒おなかにチカラを入れ息を押し出すようにへこます。
③吸う3秒息がおなかまで入っておなかが風船のようにふくらむまで。
④息を止める2秒おなかに息をためこむつもりで。

※①〜④をゆっくり3回繰り返します。
※息を吐きながら、あたまの中を空っぽにしていくようなつもりで吐き切る。

詩吟は腹式呼吸で行います。腹式呼吸とは、おなかをへこまして長く息を吐き、おなかをふくらまして息をたっぷり取り入れる行為です。息を吐き続ける際、からだの中心(おへその下あたり・丹田というツボ)に集中してチカラをこめます。

腹式呼吸を用いると、喉に負担をかけず、大きな声が声がでるようになります。たくさんの息が取り込めるので、水泳や武道などのスポーツや、ヨガなど様々な健康法で行われています。

緊張やイライラしたときにも落ち着くことができます。仕事をしながらや電車に乗りながらにでも簡単にできますのでこっそりトライしてみましょう。