詩吟とは?


詩吟とは、漢詩・和歌・俳句などの古典の名詩を大きな声に出してよみ、その語尾の母音を長く伸ばし、独特の節をつけて歌う日本の伝統文化です。武道や書道のように「吟道」とも呼ばれ、声により心身を鍛えたり、詩や歴史を味わうための習い事のひとつです。

◆詩吟の歴史

詩吟の起源は江戸末期です。江戸幕府の学問所や全国の藩校で、漢学の勉強の補助と精神教養のため、漢詩に素朴な節をつけて詠まれ、吟詠されるようになりました。▶さらに詳しく

◆詩吟で吟じる詩歌

李白・杜甫などの中国の漢詩に始まり、日本では百人一首で有名な和歌、戦国武将から維新の志士らの漢詩。そして松尾芭蕉を筆頭とする江戸時代の俳句。石川啄木や若山牧水などの近代短歌。萩原朔太郎などの新体詩まで、詩吟として吟じます。▶さらに詳しく

◆詩吟の吟じ方

詩吟は完全ソロが基本です。琴や尺八などの伴奏、複数人で吟ずることもあります。また、邦楽五音階で間がリズムとされており、言葉の語尾の母音を伸ばし響かせるのが特徴で、自然なゆらぎが味わいとなります。さらに詳しく

▶ナチュラル詩吟教室「無料体験レッスン」のお申し込みはこちら